Category Archives: 未分類

インプラント治療のデメリット

メリットがあれば、やはりデメリットも存在します。いかにインプラントが優れていてもデメリットは出てきてしまいます。まず、インプラントというのは骨の中に人工の歯根を埋め込む治療のため、部分麻酔を使用した外科処置が必要となります。場合によっては晴れが出たり痛みもあったり、または内出血なども起こりうることがあります。

インプラントというのは骨の中に入れた後、インプラントと骨がついた状態になりそこで安定性がうまれかむことができます。しかしながら、歯を悪い状態で長期間そのままにしておくと、その後抜歯をしても歯のまわりの骨がもとの状態に戻りにくくなってしまうためインプラントを入れても歯とつかないことがまれに起こります。

またインプラントは誰にでもできるわけではなく、重度の糖尿病のかたや骨粗鬆症の方、高血圧の方などはインプラントと骨がつかなかったり治療後の歯茎や骨が治りにくかったりします。そういう方はかかりつけの医師と相談をしながらできるかどうかの判断をする必要性があります。

お手入れは簡単といいましたが定期的に歯医者でクリーニングを行う必要性があります。インプラントも天然の歯と同じように歯石はついてしまいます。天然の歯よりも防御する力がないため、そのままにしておくと歯周病になる可能性があります。

そしてなによりも治療費が高いことが挙げられます。インプラント治療は保険適応外になりますので、自費治療となってしまいます。一本で約30~40万ぐらいになってるのが一般的です。こういったメリット・デメリットのことを踏まえて自分に合った方法を考えてみてはいかがでしょうか。

インプラント治療のメリット

インプラント治療をしていくうえでメリットはあります。まず、ブリッジと違い、健康的な歯を削る必要がありません。健康的な歯を削ることはその歯の寿命がどんどんと短くなるといわれています。インプラントはほかの歯に過剰な負担をかけることがないため安心できます。

インプラントは天然歯と同様の力で噛むことが可能です。それこそ、固いものでも粘着性があるものでもしっかり噛むことができます。その力は入れ歯の時と比べて約4倍の力が発揮され、天然の歯と同じくらいです。

見た目が天然の歯とほとんど変わらないというのも魅力です。入れ歯だとバネを歯にかける必要性があるため、他の人と話をしてもすぐ入れ歯だと気付かれてしまったりします。また、たまに入れ歯が外れるというアクシデントもあったりします。その心配性がインプラントにはありません。

そして、顎の骨にネジを埋め込んで歯をかぶせるので、入れ歯のように口の中に異物感や違和感を与えることがなくなります。またお手入れも簡単で、自分のはと同じように歯磨きをすることができるというメリットもあります。このように、インプラント治療をすることにより、自分の歯とほとんど変わることがない人口の歯を手に入れることができるのです。

今までの治療の方法

失ってしまった歯のかわりになるもの、インプラント治療のほかにはどういうものがあるのでしょうか。まず、入れ歯というのがあります。こちらは、歯を失った場所に人口の歯茎を含めた義歯をはめ込んで、周囲の歯にバネで固定する方法になります。こちらはおそらく一般的に行われてきた対処法になるかと思います。ほかの健康な歯を傷つけずに固定できるというメリットがありますが、逆にバネによって入れ歯の両側にある歯へ負担がかかるというデメリットもあります。

噛む回数が増えることによりバネに振動が伝わりそれを引っかけている歯に影響を及ぼしてしまいます。またちゃんとこまめに手入れをしていないとすぐがたつきが発生することもあります。ちゃんと装着しないとそこに隙間が生まれ、食べ物のかすなどが入る可能性があり、注意する必要性があります。

ブリッジという治療法もあります。歯を失った場所に義歯をはめて、両側の歯と一緒に固定する方法になります。こちらは左右の歯とセットで固定してくれるので安定性があり、天然の歯と同様な外観のため自然な歯を入れることができます。しかしながら、もともとある健康な左右の歯を削る必要性があり、そのため、将来的に損傷する可能性も生まれてしまうというデメリットも出てきてします。

インプラントとは何か

近年、インプラントという言葉を耳にすることが多くなってきました。そういえば聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。ではインプラントとはいったい何のことを指しているのでしょうか。

インプラントとは失ってしまった歯の代わりに使える人工の歯のことをいいます。入れ歯やブリッジのことかと思うかもしれませんが、インプラントは入れ歯やブリッジと違って顎の骨に入れる人工歯根になります。インプラント治療というのは、歯がない場所にインプラント体(これはチタン製のネジのようなものになります)を歯の根の代わりに顎の骨に埋め込み、それを人工の歯の根としてその上に天然の歯のように自然な外観の人工歯をかぶせる治療になります。

この人工的な歯根を埋め込むことにより、天然の歯と同じような機能をしてくれるようになります。硬いものも噛めるようになり、また見た目も天然の歯と同じように見えるのも特徴です。歯というのは歯茎から出ている部分の下にあるところに太い2本の歯根をしっかり食い込ませています。歯根というのは植物の根のようなものであるので、歯も歯根がちゃんと顎の骨に定着していることが重要になってきます。

インプラントはその歯根の代わりとなるネジが顎の骨に埋め込ませて定着させることにより天然の歯と同様な安定さを生み出してくれるのです。安定感もあり外観も天然の歯と見分けがつきにくいため、近年、人気が高くなってきております。