今までの治療の方法


失ってしまった歯のかわりになるもの、インプラント治療のほかにはどういうものがあるのでしょうか。まず、入れ歯というのがあります。こちらは、歯を失った場所に人口の歯茎を含めた義歯をはめ込んで、周囲の歯にバネで固定する方法になります。こちらはおそらく一般的に行われてきた対処法になるかと思います。ほかの健康な歯を傷つけずに固定できるというメリットがありますが、逆にバネによって入れ歯の両側にある歯へ負担がかかるというデメリットもあります。

噛む回数が増えることによりバネに振動が伝わりそれを引っかけている歯に影響を及ぼしてしまいます。またちゃんとこまめに手入れをしていないとすぐがたつきが発生することもあります。ちゃんと装着しないとそこに隙間が生まれ、食べ物のかすなどが入る可能性があり、注意する必要性があります。

ブリッジという治療法もあります。歯を失った場所に義歯をはめて、両側の歯と一緒に固定する方法になります。こちらは左右の歯とセットで固定してくれるので安定性があり、天然の歯と同様な外観のため自然な歯を入れることができます。しかしながら、もともとある健康な左右の歯を削る必要性があり、そのため、将来的に損傷する可能性も生まれてしまうというデメリットも出てきてします。