インプラントとは何か


近年、インプラントという言葉を耳にすることが多くなってきました。そういえば聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。ではインプラントとはいったい何のことを指しているのでしょうか。

インプラントとは失ってしまった歯の代わりに使える人工の歯のことをいいます。入れ歯やブリッジのことかと思うかもしれませんが、インプラントは入れ歯やブリッジと違って顎の骨に入れる人工歯根になります。インプラント治療というのは、歯がない場所にインプラント体(これはチタン製のネジのようなものになります)を歯の根の代わりに顎の骨に埋め込み、それを人工の歯の根としてその上に天然の歯のように自然な外観の人工歯をかぶせる治療になります。

この人工的な歯根を埋め込むことにより、天然の歯と同じような機能をしてくれるようになります。硬いものも噛めるようになり、また見た目も天然の歯と同じように見えるのも特徴です。歯というのは歯茎から出ている部分の下にあるところに太い2本の歯根をしっかり食い込ませています。歯根というのは植物の根のようなものであるので、歯も歯根がちゃんと顎の骨に定着していることが重要になってきます。

インプラントはその歯根の代わりとなるネジが顎の骨に埋め込ませて定着させることにより天然の歯と同様な安定さを生み出してくれるのです。安定感もあり外観も天然の歯と見分けがつきにくいため、近年、人気が高くなってきております。